ブランド

「服地がわかる事典」最強説~生地を調べるおススメの本~

「服地がわかる事典」最強説~生地を調べるおススメの本~ その他

こんにちは、kazuです。

先日実家に帰って自分の部屋を何気なく片付けをしていたら、小学校時代の理科のテストが出てきました。あまり記憶がないのですが、このような記入がありました。

Q.次の分類を答えなさい

ワカメやこんぶ」


おそらく答えは「海藻類」だと思うのですが、僕の回答用紙には

「海の幸」と書いていました・・・しかも採点は△(笑)

確かに間違いではないので先生も迷ったのかもしれません。

小学生時代のメモリーズをご紹介したところで本日はのご紹介です。

アパレルに携わっているとお客様に詳細を聞かれます

僕もアパレルで長年働いていますが、生地でわからないことって本当に多いんですよね。あとは覚えたつもりが忘れていること😿

特に販売や営業等の接客業だと生地の詳細をお客様から聞かれること多いんですよ。

女性はぱっと見のデザインや可愛さで服を選びますが、男性はそれプラス「うんちく」が好きなんです!

例えば

お客様A
お客様A

ダンガリーとシャンブレーって何が違うんですか?

お客様B
お客様B

素材に「アンゴラ」って書いていますが、アンゴラってウサギですかヤギですか?

等など・・・織とか編みとか色々あって、複雑ですよね。ちなみに、

「アンゴラウサギ」の毛が「アンゴラ」

「アンゴラヤギ」の毛が「モヘア」です!


PR : 幅広いお仕事ご紹介可能です!ご登録で最大2000円のクオカードプレゼント。

「服地がわかる事典」とは

今回ご紹介する「服地がわかる事典」は今まで使ってきた中で一番おススメできる商品だと思っていますので、是非検討してみて下さい。理由としては

・わかりやすい

当たり前ですが、なんのこっちゃって書き方だと頭に入ってこないですよね?この本は見開き2ページで1つの内容を説明をしていますので、簡潔で読みやすいです。春夏秋冬に使われる生地がシーズン毎にレイアウトされていますので、探しやすいのも魅力の一つです。

各サイトのレビューも良いので安心できます。


・流行り廃りがない

この手の本では、発行した時代の流行を記入している本も少なくありませんが、この「服地がわかる事典」はまさに王道の内容で記載されています。僕が購入したのも10年以上前ですが、問題なく使えています。


・コンパクト

最近ではwebでの閲覧も多くなってきましたが、やっぱり手で探すと覚えるんですよね。持ち運びもラクな単行本サイズで310Pあります。カバンにもスッと入れやすい大きさです。


・手に入れやすく、安い

ネットで探すとすぐに見つかります。また、先程説明した通り流行り廃りがないので、中古の古い物でも全く問題ありません。潔癖症の方は新品をお買い求め下さい。

下記3サイトで探して頂ければわかると思いますが、定価だと2千円以上しますが、中古の安いものだと送料込みで500円くらいで買えちゃいます。ポイントをお持ちの方は0円レベルです。


最後に

いかがでしたでしょうか?僕はリメイクもするので、生地選びの参考にしたりもしています。これからアパレル業界に飛び込む人も持っていて損はないのではないでしょうか?ではまた!!

コメント

  1. […] 「服地がわかる事典」最強説~生地を調べるおススメの本~見開き2ページ… […]

  2. […] 「服地がわかる事典」最強説~生地を調べるおススメの本~見開き2ページ… […]

タイトルとURLをコピーしました