ブランド

北欧ブランドのクレッタルムーセンを徹底解剖~歴史から人気商品を安く手に入れる方法まで~

北欧ブランドのクレッタルムーセンを徹底解剖~歴史から人気商品を安く手に入れる方法まで~ ブランド

こんにちは、kazuです!

仕事が休みの日の朝に、たまーに会社から電話来る時があるんですよね。僕も寝ている時が多く、少し寝ぼけて電話に出るので

「まだ寝てた?ごめんね~」

と言われるのですが、僕は毎回

「起きていたので大丈夫です!」

と強がってしまいます。素直になれない自分がなんだか悔しいです。


それはさておき、今日は北欧のアウトドアブランドKLATTERMUSEN(クレッタルムーセン)」の記事を書こうと思います。最近ではメジャーなブランドとして認知されていますが、僕が最初に知ったときはまだ日本では取り扱っていなく、海外のアウトドアブランドの展示会でも片隅の小さいブースで細々と展開していました。

あの斜めのファスナーが特徴の同ブランド、是非購入の参考にして下さい!


「KLATTERMUSEN(クレッタルムーセン)」とは?

クレッタルムーセンとは 1984 年にPeter Askulv(ピーター・アスカルブ) によって創業され、バッグパック及びゲイター作りからスタートしたスウェーデンのブランドです。

機能的な商品が増えるにつれ、またたくまにカタログ通販にて注文が増加し、同社 の名前はスウェーデンを中心に浸透し始めました。 1995 年頃にはヨーロッパでのアウトドアブームにより、アウトドア専門店が急増、通信販売をストップさせ製造卸メーカーとして確立。2000 年頃には18カ国251店舗にて展開するまでに至っています。

クレッタルムーセンは 斜めに走るフロントジップを持つジャケットや個性的なバックパックなど北欧らしいデザインや色使いが取り上げられることが多く、機能的にもデザインされ、ヨーロッパでは数々の賞を受賞しています。

また、環境問題への取り組みにも積極的で、機能性ではあえて二番手となるオーガニックコットンやリサイクルポリエステルをメインに使用。それがまた他のブランドには無いデザインづくりの一翼を担ってます。


kazu
kazu

ちなみにKLATTERMUSEN の意は、山ネズミです。 ロゴマークはネズミの顔をモチーフにして作られているんだよ!


特徴的なデザイン

一番特徴的なデザインはこのファスナーが斜めになっている「オフセットファスナー」です。アウトドア・インダストリー・アワードやエコ・ デザインアワード等をヨーロッパで受賞しています。

斜めになっている理由は重ね着した際にジッパーが干渉するのを防ぐ為です。要は少し出っ張っている一番上と下がファスナー付きの服を重ねて着てもお互いにかちゃかちゃしませんよ~ってことですね!


人気商品の紹介

<エイナリーダ>


【vic2セール】 クレッタルムーセン KLATTERMUSEN Einride Jacket Charcoal [エイナリーダジャケット][チャコール]

一番人気がこちらの「エイナリーダ」というジャケットです。

 Etaproof OrganicCotton 200g/m2を採用しており完全な防水ジャケットとはいえないまでも多少の雨や濡れには充分な対応ができるファブリックを採用しています。 また素材がコットンであることから透湿性も兼ね備えています。さらにコットンであることから経年変化でのあたりや色落ちなどを楽しめるモデルとも言えます。 補強が必要とされる肘、腰部分には以前から定評のあるDuracoatを採用しています。 ポケット位置が少し高めなのはバックパック使用時にハーネスに干渉せず、アクセスを確保した配置を考慮したため。 ポケット内はメッシュ生地を採用し、ベンチレーションとしても機能する。インナーポケットを1ヶ所、スリーブエンド・フードにドローコードを装備します。


ちなみに僕はこちらの旧タイプのデザインが好きで持っています。トップの画像は僕のエイナリーダのグリーンです。手に入れるにはヤフオク!楽天市場のデザイナーズ古着のお店で探すのが安くて良さそうです



<バギーバッグ>

こちらも定番人気のバギーバッグです。

手持ちと斜め掛けができる2WAY仕様。アウトドアからタウンユースまで様々なシーンで活躍するシンプルなトートバッグです。


<サコッシュ>

こちらは新商品のサコッシュです。

小型で耐久性があり、アイテムを整理するのに活用したり、バックパックのアクセサリーとしてトグルで取り付けることも可能です。調節可能なコード付きで、短くして首から下げたり、長くして肩から掛けることができます。


Amazon楽天市場YAHOO!JAPANでクレッタルムーセンを探す!!


どこで買うのが一番お得?

クレッタルムーセンは「バーリオ」という会社が2008年~2019年まで日本の輸入代理店を行っておりました。その後伊藤忠商事が2019年秋冬から日本の独占輸入販売権を取得しており、「インス」という会社がセレクトショップなどに卸しています。

よって、シーズン終わりにセールするかどうかは各セレクトショップによって異なってきます。よってそれを狙うのがまず一つ。

次に並行輸入をされている店舗もあり、それだと少し安く購入できます。主にネット販売が多い印象でそれが二つめ。

三つめはヤフオク!メルカリブランディア オークション等のオークション、ベクトルパークコメ兵などのデザイナーズ古着のお店で購入するのがおススメです。中には新品もありますので在庫をチェックするだけでも損はありません。

もともとクレッタルムーセンは値段が高めなので少しでも安く手に入れたいですよね!


最後に

いかがでしょうか?アウトドアブランドとは思えないデザイン性やサスティナブルを考慮したクレッタルムーセン、少しは欲しくなりましたでしょうか?まだまだ日本では着ている人、持っている人が少ないブランドなので、ワードローブに加えてみてはいかがでしょうか?それではまた!!


Brandear オークション(ブランディア公式オークション)

コメント

タイトルとURLをコピーしました