ブランド

ファスナー(ジッパー)のブランドあれこれ~YKK TALON CROWN riri等~

ファスナー(ジッパー)のブランドあれこれ~YKK TALON CROWN riri等~ 雑学

本日より色々投稿していきたいと思いますので宜しくお願い致します。

さて、記念すべき最初のお題は何にしようかな~ってトイレの中で考え込んでいましたら、デニムパンツのファスナーが目に入ってきましたので、こちらのお題に決定致しました。

そもそもファスナーに興味がある人ってそんなに多くないですよね(笑)古着好き男子はともかく、女子に関しては使用頻度も少ないと思いますし、YKKって聞いたらアルミサッシか網戸をイメージする人も少なくないと思います。

僕が中学生の時は地元の古着屋に行って、古着特有の匂いを手にまとわせながら、全く知らねぇブランドをアルバイト店員の兄ちゃんに「この服のファスナーはTALON製だから激レアだぜー!!」っと、半分騙されながら買い、雑誌を見ながら勉強したものです。

今回はファスナーの歴史から様々なブランドまで紹介していきたいと思います。



ファスナーの歴史

1891年にアメリカでホイットコム・ジャドソン氏が靴紐の代りとして考案したのが起源とされています。その当時の写真がこちら

なんとまぁ~拷問の機械のようなたたずまいですね・・・(笑)

要はブーツを履く時、毎回紐を結ぶの面倒くせ~なぁってことで開発されたようです。

当時は噛み合わせが悪く、勝手に開いたり色々問題もあったとか、なかったとか・・・





ファスナーとジッパーとチャックの違い

最近では滅多に「チャック」という響きを聞くことはなくなりましたが、年配のマダムやダンディーおじさんには根強い呼び方です。




基本的にはファスナーもジッパー(ジップ)もチャックも一緒です。




「ファスナー(fastener)」

“留めるもの”を意味する英語で、ボルトやネジも広い意味ではファスナーです。


「ジッパー(zipper)」

アメリカの「グッドリッチ」社が1921年にファスナーを販売する際に商標登録した商品名で、布を引き裂く音を表現する「zip」という擬音から名付けられました。

今は商標登録ではなくなった為、現在は一般名称として世界で広く呼ばれています。


「チャック」

実は「巾着」を文字った造語で、1927年に広島県尾道で製造販売された「チャック印」という商標登録名が由来と言われています。

もちろんこの呼び名は日本だけなので、海外では通じませんのでご注意下さい・・・

こちらも今は商標登録ではなくなった為、現在は一般名称として使われています。


様々なブランド

突然ですが、皆さんどれくらいファスナーのブランド名がパッと思い浮かびますか?

「ブランドなんて気にしたことねぇーよ」って人も多いと思いますし、この知識で女子にモテることもありません・・・たぶん。

逆にファスナーを売りつけられるんじゃないかと警戒されるかもしれませんので、あくまでも自分の知識として下記参考にして下さいね。


YKK

ファスナーの世界シェア45%を占めるのが我が日本を代表するYKK。なんと日本におけるシェアは95%だそうです!!

ご存じの方も多いと思いますがYKKは吉田工業株式会社の頭文字を取ったものです。(Yoshida Kougyou Kabushikigaisha)

1946年に「YKK」の商標登録がされていますので、あのウィッシュでお馴染みのDAIGOさんの先駆けみたいなものですかね(笑)


TALON(タロン)

ビンテージや古着が好きな人はおそらく聞きなれたブランドだと思います。

アメリカのブランドで1910年頃から生産が開始され、その当時は「HOOKLESS(フックレス)という社名でした。1937年頃に「TALON」という社名に変更され、軍用としてもかなり供給されていました。

ファスナーの生みの親とも言われ、他のブランドにも多大な影響を与えたことで知られています。1991年に倒産しております。


CROWN(クラウン)

1930年代からスタートし、1964年まで独創的な商品を世に送り込んだアメリカのブランド。それ故に大量生産、低コストの波に勝てず、30年程で操業を終えてしまいました。

こちらも軍への支給がメインでしたので、まだ古着屋さんでも見かけます。


CONMAR(コンマー)

アルミジッパーで有名なこちらもアメリカのブランド。

第二次世界大戦中の軍用ファスナーのシェアが

TALON : 50% CROWN : 25% CONMAR : 25% と言われていたそうです。

こちらも惜しまれながら1965年に廃業しております。


kazu
kazu

「TALON」「CROWN」「CONMAR」は当時のアメリカではジッパー御三家と呼ばれていたんだよ!




IDEAL(アイディール)

こちらも有名なアメリカブランド。1936年創業のYKKに次ぐ世界シェア2位のIDEAL。

アメリカ、中国でメインに生産しており、品質とコストのバランスが最高です。


SCOVILL(スコービル)

メタルやドットのボタン会社だったSCOVILLは、ジーンズ業者にそれらを納入していた関連でジッパー業界にも進出。

当初はTALONに外注し、それにSCOVILLの名前を入れて納入していました。

こちらも古着屋で良く見かけますね!


riri(リリ)

1936年にスイスにて創業されたファスナーメーカー。他と比べると少し硬い開閉です。

耐久性とデザインの良さが特徴ですが、値段が少し高いかなぁ。

コレクションブランドやハイブランドが良く使っている印象です。


LAMPO(ランポ)

イタリアの老舗ブランドで「世界一美しいファスナー」と呼ばれております。

エルメスやモンクレー等、主にイタリア高級ブランドに使用されていることが多いです。

高級ブランドの偽物にも、LAMPOの偽物がメチャクチャ使用されていますよ~


他に「waldes」「Eclair」「Optilon」「Aero」等色々ありますが、個人的には実用的(価格、入手経路、耐久性、バリエーション、修理可能)なYKKが最強かなぁ。


始めてファスナーを採用したLEEの功績

ファスナーは衣類だけではなく、bagや財布等の小物をはじめ、クッションのカバーやお布団等様々な商品に使われています。

意外と知られていないのですが、1926年に世界で初めのジッパーフライを装着したジーンズを作ったのはLeeなのです。

それ以前は、ボタンを装着していたのですが、やはり利便性が上回ったんですね。


余談ですが、LEVI’Sの501は発売以来ずーっとボタンフライです。

理由は501特有の洗って縮んで自分特有のサイズ感になるという生地の性質が関係しています。

ファスナーを採用してしまうと生地が縮んでかみ合わせがずれてしまい、開閉不能になる可能性が高いためボタンフライを採用しています。


kazu
kazu

ブランドによって色々な考え方があるんだねぇ~


ファスナーブレスレット

突然ですが、このブレスレット自作です。めちゃくちゃ簡単です。

男性用だったら太めのファスナー、女性だったら細め、二重巻き等色々アレンジできます。

ファスナーはリメイク用、修理用で手芸店やネットでも販売しています。お気に入りを探すのも楽しいですよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?ファスナーに少しは興味持てましたか?

お手持ちの服のファスナーを見返してみて、時代背景やそのブランドの歴史を想像するのも楽しいかもしれませんね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました